« ジャスジョバ沖縄をゆく③ | トップページ | ムーミンパーティ »

2010年12月19日 (日)

「春琴」

2010/12/7(火)
「春琴」世田谷パブリックシアター

再々演にしてやっと観に行くことができました。

初演は深津やから観に行きたかったんやけど、東京のみで諦めたんよね。
で、大絶賛やって無理してでも観に行けばよかったぁって後悔。

再演を知ったときはLIVEやったか別の芝居やったか何か重なってて行けなくて。知人の友達が観に行って大絶賛しててうらやましかったなぁ。

「春琴」賞とってるし、かなり評判よくて再演ときロンドン公演してるんよねぇ。
今回もロンドン・パリ・東京・台北と公演してるんよね。

私は観劇前とか映画でもそうなんやけど、観る前に原作読まないんよ。
観てひろっていきたいなぁって思って。
ただ今回は観劇前に読んでみたよ。深津がするってわかってたから春琴=深津として読んだ。

世田谷パブリックシアター初めて行ったけど、見やすい劇場やね。私は2階席やったけど、座席にかなりの傾斜つけてあるから前の人が邪魔になることもなく。ただ椅子は座り心地がいいとは言い難いかなぁ。椅子自体が高いし狭いから座り辛い。。。

感想としては東京まで観に行く価値があってよかった。
ホンマ満足。

ただキャパ600くらいやっけ?マイク使ってるのには驚いた。生ぢゃ聞こえんのかなぁ。マイク使ってるのが悪いワケやないんやけど、芝居って座席によって距離があるやん。1階席でも前の方やないと表情なんて見えないし。2階席から表情も見えないのに、声だけクリアに届く違和感…。もちろん全く聞こえないと意味ないんやけど、マイク通すと単調に聞こえがちな気がする…。深津贔屓で今まで何回か芝居観てるけど、キャパがでかくなるとマイク使ってたけど、600くらいやったらいけると思うんやけどなぁ。

「春琴」は谷崎潤一郎の【春琴抄】【陰翳礼讃】が元になってて。
舞台も暗くてろうそくの灯りみたいな感じで美しかったよ。

がっつり昔の造りにしてるんかと思ったけど、始まる前に地下鉄?JR?わかんないけど、電車のホームみたいな音が入って。現代なところから始まるんよね。で、現代と過去が同時進行しているというか、現代で「春琴」を読む役の方がいて、ラジオドラマで「春琴」をやるって体なんよ。で、映像としては深津とかナレーションでないところをやる役者さんがいるの。それもあって、ナレーター役の人だけマイク使って、他は生の声でもよかったんやないかと思ったんよねぇ。逆にラジオドラマっていうのありきでみんなマイクやったんやろか。

三味線は生で、ちゃんと弾ける方がいて。役者さんは棒とバチ持って弾いてる芝居。佐助は少年時代から役者さんがやってて、春琴はしばらく人形で。春琴が人形から深津に変わると佐助もおじさまな役者さんに変わるの。

春琴の人形は深津ともう一人か二人、女優さんが操ってて、声は深津が出してた。深津が春琴の少女時代からずっとやるもんやと思ってたからびっくりした。少女を演じてる深津が特に好きで。声だけでも聴けてよかった。

でもなんで春琴だけ人形やったんやろ。なんで後半人形から深津になるんやろ。
人形は人形でよかったんやけど、深津少女抜群にうまいから、少女春琴から深津でよかったのにと個人的に思う。佐助もずっとチョウソンハでよかったのに、なんで年とったからって役者変えたんやろ。

たまに映像使っててそれは効果的やったと思う。鶯やったか雲雀やったかのとこで紙を使ってるのは好き。畳と竹?棒で空間を変えていくのも好き。水は音として生でほしかったんやと思うけど、わざわざやらなくてもいい気がする(笑)。効果音やと興ざめなんはわかるけど。戸?障子?開け閉めするときの音は好き。あれ声でやってるんかなぁ。効果音なんかなぁ。

今回は2階席やったから、今度は表情がわかる位置でまた観たいなぁ。

|

« ジャスジョバ沖縄をゆく③ | トップページ | ムーミンパーティ »

お芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/394475/38141061

この記事へのトラックバック一覧です: 「春琴」:

« ジャスジョバ沖縄をゆく③ | トップページ | ムーミンパーティ »