« FCUW3グッズ | トップページ | チケットキタジマー!!!!! »

2008年10月19日 (日)

『僕の彼女はサイボーグ』

10/17(金)に久しぶりに映画を観てきた。

『僕の彼女はサイボーグ』
岡山の映画WEEKかnangかやっててペアチケットが当たったの。
気分転換になればとジョバママを誘って行って来た。

綾瀬はるかが好きで、この映画が上映されてるときに観に行こうかなぁと思ったんやけど、まぁお金ないときにお金払ってまで観に行くことないかなぁって思って止めたんよね

感想。
おもしろかったし、泣けた

タイトル通り、綾瀬はるかがサイボーグなワケだが、スタイルいいから全身タイツ的な未来の衣装?サイボーグちっくにしてある衣装が似合ってたわぁ。しかし、かわいいホンマは『ICHI』も観に行きたいんやけど、出費が多い時期やからガマン我慢

最初笑えて、ラスト泣けるねぇ。
映画館にみんなの涙が響いてた

サイボーグな彼女が一生懸命、ジロー(←小出くん)守るのもステキやけど、それは60年後のジローがそうさせてるワケやもんね。そんなおじいちゃんジローにも泣ける。一番感動したのは、サイボーグを造ったおじいちゃんジローからさらに100数年後の人間綾瀬はるか学校でサイボーグ展?機械展?みたいなトコロで自分そっくりのサイボーグに出会う人間綾瀬はるか。オークションでそのサイボーグを買い取ってその記憶を自分のものにして、若かりし頃の小出くんやサイボーグの心を感じて、東京大地震直後にタイムスリップしてサイボーグを造る前の、サイボーグを復活させる前の、小出くんの傍で生きていこうと決めたのは感動やったねぇ。

2008年11月が舞台になってたけど、それより100数年後に自分は生活してたのに、その生活を捨ててまで小出くんの傍にいることを選んだんやもんね。しかもサイボーグの記憶を自分の記憶にしたとはいえ、自分やないんよ。人間やないんよ。サイボーグの記憶って記録よ、データよ。すごくすごいよねぇ。

おじいちゃんジローが言うてたけど、歴史を変えるということは時間はそのズレを戻そうとして合わせてくるって。だからあの東京大地震が起きたんよね??それを見越したうえでサイボーグを若かりし頃の自分に送るおじいちゃんジロー。彼女がジローを守り抜くってわかってたんやろねぇ。それと故郷にたいする後悔がすごくすごいあったんやろうねぇ。

観に行けてよかったわ
ちなみにジョバママは自分でお金払って観に行くほどのことはないとのことでした…。厳しいなぁ。まぁ、好みの問題ぢゃしね

|

« FCUW3グッズ | トップページ | チケットキタジマー!!!!! »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『僕の彼女はサイボーグ』:

« FCUW3グッズ | トップページ | チケットキタジマー!!!!! »