« 食事(BlogPet) | トップページ | FCUW3グッズ »

2008年10月13日 (月)

2008/10/9

日記。

20081011jpg4

2008/10/9    PM10:30      ジョバババ永眠。

このブログにも何回か登場し、みなさまにご心配頂きましたジョバババが永眠いたしました。享年81でした。

ジョバババが危ないと言われた状態から2ヵ月ちょっとがんばってくれました。先生にこの冬は越せないと言われた。このまましゃべれなくても、寝たきりでも、ご飯食べられなくても、反応なくてもこのまま、ずっとこのまま生きてくれるような気がしてた。まぁずっとは無理にしても老人ホームとかに入って、顔見に行ったりするんやろうなぁって思ってた。

明らかに素人から見ても状態は悪化しとって。
ただ生きることがしんどうそうで。ジョバババ自体はどう思ってるんやろとか思ったり。ただ息しとるだけがしんどそうに見えるけど、一生懸命生きようとしてる感じもする。このまま生きとってほしいというのは私たちのわがままかもと思った。

後悔。

ジョバママの主治医が言うてはった。
自分が後悔しないようにしなさいと。

ジョバババが最期に口にしたもの。
好きでよく買って行ったフレッシュジュース。夏限定のマンゴーミルク。食事が摂れなくなる前は私が剥いた白桃1コ。この白桃食べた翌日危篤状態に陥り病院から電話があった。

最期の外食は一時退院のときのカフェ・コムサのパスタ。
一時退院のときのランチは必ずここやった。

わがままやし、お礼を言うとか謝るってコトができなかったジョバババ。ジョバ弟がたまに顔出すとすごく喜び、自分の息子が月に1回も来ないんやけど、それでも喜び。毎日行って世話しとるジョバママは当たり前で。たまに行くジョバも当たり前。入院してる病院から外出許可もらって20年来の主治医がおる大学病院にジョバが休みとって付き添うのも、ケアハウス見学とか行くのに付き添うのも当たり前。歩けないから誰かがついて車いすおさないかんのよ。リウマチで手も不自由やから自分で車いす押せないし、一人で歩けんの。

そんな状態なのに、車いすで入れないそば屋に行きたいとか、車いす用のトイレがないと外出もできんのに大丈夫ぢゃとか言うてた。責任とれんからよう連れて行かんかってん。私には言うてくれんかったけど、ジョバママに「ジョバンニがおしてくれる車いすが一番えぇ。」って言うてたらしい。

もう車いすもおせなくなっちゃったよ。
大学病院にも買い物にもランチにも連れて行けん…。

最期には間に合わんかった。
主治医の先生も間に合わんかった。
私はナースステーションにも寄らず病室に直行しました。
ジョバババは病室で独り、目を開いたまま止まっていました。
いつも反応はないけど、呼びかけたとき、間に合わなかったとわかった。ジョバママと看護師さんが来て少し前に息をひきとったコト主治医はこちらに向かってるコト説明してくれた。最期の診察をしないといけないので、息をひきとったときのままの状態にしてあったらしい。ジョバババはリウマチの関係で心臓マッサージができない。最期は静かに苦しまずに逝ったとのことで、せめてもの救いやと思った。
最期にキレイにしてもらって、すごく優しいイイ顔になった。

ジョバババの意向で家族葬でした。
リウマチの薬で骨粗鬆症やったから骨はあんまり残らなかった。
人間の骨って白くてキレイなんやなぁと思った。

あまりイイ孫ではなかったね。
1年ちょっと岡山の病院に入院して一緒の時間を過ごせたコトはよかったと思ってる。2ヵ月ちょっと私たちのわがままきいいてくれてがんばってくれて、ありがとう。葬儀のとき、私とジョバ弟の傍をずっと離れない1匹のハエがおって。あのハエはジョバババやと二人とも思った。ジョバジジとゆっくりしてね。

ジョバババを想い涙することもあるけど、私は元気です^^

「一秒と千年の間に違いはなくて」    新藤晴一

新藤さんイイこと言うてはる。
私はこの意味を広くとってる。想いであり時間であり。

今回のことで、親を最期のお世話をすることが1番の親孝行かもしれないと思った。
長生きしますよ^^

|

« 食事(BlogPet) | トップページ | FCUW3グッズ »

DAYS」カテゴリの記事

コメント

そうだったのね‥‥
ジョバおばあちゃま、頑張ったんだね、
ジョバもしてあげられるだけの事をたくさんしてあげたんだと思うよ。
どうでもいい長い千年ではなくて、密度の濃い1秒をジョバはおばあちゃまと重ねたんだ。
ジョバの押してくれる車椅子に乗ってるおばあちゃまは幸せだったんじゃないかな‥‥
亡くなった人の話をたくさんするって事は、その人はまだ生き続けているって事なんだって。
たくさん、思い出話をしてあげて下さい。
ご冥福をお祈りいたします。

投稿: まりん | 2008年10月13日 (月) 16時38分

ジョバちゃんはイイ孫だと思う。
ジョバババ様にとってジョバちゃんに車いすを押してもらう時間は幸せな時間だったんだろうね。
今思うとあれもしてあげればよかったって思うかもしれないけど、ジョバちゃんは出来ることを精一杯してたと思うよ。
ジョバちゃんが幸せになることがジョバババ様の願いだと思うし。悲しみとも寄りそって生きていこうね。
ジョバババ様のご冥福をお祈りいたします。

投稿: ジャスミン | 2008年10月13日 (月) 18時15分

きっとおばあちゃんはジョバママやジョバには
照れくさくて素直に言えんかったんやろうね。
今頃おじいちゃんにジョバたちと一緒に過ごした
時間の話をいっぱいしてるんじゃないかな。。。。
心よりご冥福をお祈りいたします。

投稿: おメグ | 2008年10月13日 (月) 18時28分

 何度か登場なさってた おばあさま。
元気な方だな~と 思ってました。
 当たり前だと思っていても、それが すごく幸せなことだと おばあさまも 分かっていたと思うよ。
 ジョバちゃん達が そばにいてくれたように、これからは おばあさまが ずっとそばで 見守っていてくれますね。
 ご冥福を お祈り申し上げます。

投稿: ハルちゃん大好き | 2008年10月13日 (月) 20時00分

ジョバちゃんきつかったね。
おばあちゃん口には出さんでもジョバちゃんが会いに来てくれたの嬉しかったんよ。
だから外出時も車椅子押してくれるの喜んでたんだと思うんよ。

読んでたら5月に亡くなった母とダブってしまって泣いてしまいました。
アタシももっとこおすればよかった、あーすればよかったと後悔ばかりです・・

ジョバちゃん寂しいけど頑張ってね。そしてお母さん大事にしてね。

おばあちゃんのご冥福をお祈りします・・・

投稿: るいるい | 2008年10月13日 (月) 20時22分

かわいくて、心優しいジョバちゃんやご家族に見守られて、おばあちゃま、今は安らかに天国に旅立たれたのでしょうね。
きっとおばあちゃまのわがままも、ジョバちゃん達のわがままも、なんの遠慮もいらない家族だからこそのこととおもいます。
人を想い涙するってとてもきれいで、決して儚いものではないと思います。
折に触れて、ジョバちゃんの心の中で生きてるおばあちゃまと思い出話などしたらきっと天国で喜んでくれるのではないかと思います。おばあちゃまにとってジョバちゃんは自慢のお孫さんだったに違いないと思いますよ!

お悔やみ申し上げます・・・

投稿: けいこ | 2008年10月13日 (月) 21時48分

♪まりん♪

ありがとうございます。

ジョバババはかなりがんばってくれました。危篤の知らせを受けてから生きる気力や欲が本人になくなってしまって。それでも2ヵ月ちょっとがんばってくれましたからね。

ジョバママもジョバも後悔はナイんですよ。
全くないわけやないけど、この1年ちょっとできることはがんばったって思ってるから。

亡くなってすぐは話にのぼるコトも多いと思うんやけど、時間が経っても思い出して話ができればイイなと思います。お仏壇もお墓も津山やけど毎日ジョバジジに手を合わせてるんで、これからはジョバババも一緒にします^^

投稿: ジョバンニ | 2008年10月14日 (火) 20時18分

♪ジャスジャス♪

ありがとうね。

あれこれできたんぢゃないかって思わないコトもないんやけど、後悔ってほどの後悔はナイんよね。1年ちょっと入院しててある程度のお世話はできたからね。これが津山で入院しとってあんまお見舞いにも行けんかったら後悔が大きかったかも。入院してるのはイイことではないけど、一緒におれたって意味ではよかったと思ってるんよ。

そうぢゃね。
幸せにならんとね^^

投稿: ジョバンニ | 2008年10月14日 (火) 20時24分

♪おメグ♪

ありがとうね。

ジョバママ家ってみんなそうで、ジョバ含めありがとうとごめんなさいが言えない家族なんよ(苦笑)。照れくさいんよね。

ジョバジジはジョバが小学校上がる前に亡くなったからねぇ。小さい頃ホンマよぅかわいがってもらったわ。ジョバは大きくなってこんななったわぁて言うとるわ(笑)。

投稿: ジョバンニ | 2008年10月14日 (火) 20時29分

♪ハル好きさん♪

ありがとうございます。

そうなんですよ。
手足は悪いんですけど、パワフルなジョバババでした(笑)。口が悪くてねぇ。まぁ、裏表は無いんですけどね^^今日も20年来の大学病院の主治医のトコに挨拶に行って、先生もあのジョバババがこういう逝きかたするとは思わんかったって。最初は口が悪いなぁと思ったけど、病室でも明るくて大好きぢゃったって言うてくださったのはうれしかったですよ。

投稿: ジョバンニ | 2008年10月14日 (火) 20時34分

♪るいるいさん♪

ありがとうございます。

哀しい思いをさせてしまってごめんなさいね。
反応ないジョバババの病室に一人でおるとき、るいるいさんもきっとこういうなんとも言えん思いをされとったんやろうなぁと思いましたよ。

ジョバババとジョバは似た者同士で衝突することも多々あったし、もっと優しくできればよかったなぁとか思いますが、後悔っていうほどの後悔はないんですよ。ジョバママの主治医が「自分が後悔しないようにしなさい」って言うてくださったので、できることはがんばったつもりです。

ふと涙することはあっても、あまり寂しいとは感じてないかも。熱心に宗教信じてやってるワケやないけど、ジョバジジがずっと傍におってくれると思ってるのと同様にジョバババもおると思ってるから(笑)。強いでせう(笑)。

ジョバママが逝くときのが辛いかなぁとか思いながら、涙してもゆるがない自分がいると思います。長生きして親孝行せねば^^

投稿: ジョバンニ | 2008年10月14日 (火) 20時50分

♪けいこさん♪

ありがとうございます。

今もこんなやし、決してできのよい孫ではなかったので自慢の孫ではなかったけど、病院のスタッフや患者さん、ケアハウスとか見学行った先のスタッフには「お孫さんがついてくれていいですねぇ」ってうらやましがられてました。ジョバババがどう思ってたかわからんけど(笑)。

ジョバジジが亡くなって20数年経ちますが、未だにジョバジジの話ができることはよかことぢゃと思います。これからはジョバジジとジョバババの話をしてこうと思います。

投稿: ジョバンニ | 2008年10月14日 (火) 21時02分

ジョバおばあちゃまは、とっても幸せだったと思うよ。
とってもとっても、心の優しいジョバちゃんやご家族に看取ってもらえて。
気心知る間柄だから余計に、素直な気持ちを表現できないんだよ。
おばあちゃまにとってジョバちゃんは、自慢のお孫さんだったでしょうね。

おばあちゃまのご冥福をお祈りいたします。

投稿: そら | 2008年10月14日 (火) 21時25分

♪そらさん♪

ありがとうございます。

ジョバママはおっとりな感じやけど、ジョバババとジョバはキツイですからねぇ。特に家族やしジョバにとって母方の祖母やし、ジョバババにとって娘の子なんでお互い遠慮がないですからねぇ。いつもジョバママが間に入ってましたよ(笑)。

ジョバママやジョバは悔いないんやけど、ジョバババも幸せやったと思ってくれとったらうれしいですね^^

投稿: ジョバンニ | 2008年10月14日 (火) 22時25分

残されるほうはいつだって後悔ばかりが先にたつよね。。
でも当たり前と思えるほどの時間を家族と共有できて
ジョバおばあさま、きっと嬉しかったんじゃないかな。
皆さんが仰るように、気兼ねのない関係だったぶん
面と向かってお礼をいえなかったんじゃないかな。

おばあさまのご冥福をお祈りいたします。

投稿: ちはや | 2008年10月15日 (水) 00時47分

久しぶりにお邪魔して、このことを知りました。
ジョバちゃん辛かったね。
おばあちゃまも頑張って、そして旅立たれたんですね。
きっと空の上でおじいちゃまと仲良く過ごされることと思います。
「ジョバンニはいい孫だったよ」
とおじいちゃまに教えてるんじゃないかな。

おばあちゃまのご冥福をお祈りします。

投稿: のぐのぐ | 2008年10月15日 (水) 18時19分

どんな出来事でも、こうすればよかった…という後悔は生まれるけど、身内が亡くなってしまうというのは切ないね。
でもね、ジョバちゃんは自分のやれることをちゃんとしていたと思うよ。
だって、この日記、悲しい話だけど、なんかすごく迷いよりもしゃきっとしたものが感じられるよ。
おばあちゃんも人生の最期のひとときを子や孫と過ごせてしあわせだったと思います。
過ごした時間の長さより、濃さ。
車イスの話から、そう思いました。

おばあちゃんのご冥福をお祈りいたします。

投稿: 恋々 | 2008年10月15日 (水) 23時01分

♪ちはやはん♪

ありがとうございます。

今日初七日の法要で、先ほど岡山に戻ってきました。親しき仲にも礼儀ありとはいいますが、まぁ家族やしお互い腹は立ってもわかってたと思います^^

引っ越しにしろ旅立ちにしろ、残されるモノのほうがいつも哀しいですよねぇ。でも今日もジョバママというてたんやけど、ジョバママの主治医に「自分が後悔しないようにしなさい」って言われたのは大きかったねって。病院やったけどジョバババと過ごせたこの1年ちょっとはホンマよかったと思ってます。

投稿: ジョバンニ | 2008年10月16日 (木) 19時48分

♪のぐのぐさん♪

ありがとうございます。

こちらこそ長らくお邪魔できませんで、すみません。春からケータイ生活やったんやけど、よぅやっとPC生活に戻ってこれました。

ホンマジョバババはがんばってくれました。
ジョバママ曰くジョバジジとジョバババはいつもケンカしよったって言うてたんやけど、天国では仲良くしてくれとるかしらん??(笑)。なんせジョバババは口悪いですからねぇ(笑)。

投稿: ジョバンニ | 2008年10月16日 (木) 19時51分

♪恋々さん♪

ありがとうございます。

そうですよねぇ。
人の生き死にだけでなく、どんなコトでも人間後悔することが多いと思います。こうすればよかったって言うことが全くないワケやないけど、後悔というほどの後悔はなかったので、ウジウジはしてないですね。今も傍にいると思うし^^

ホンマ病院やったけど1年ちょっと一緒に過ごせてよかったですよ。これが津山の病院で入院しててあんまお見舞い行けなかったら後悔しとったでしょうねぇ。

投稿: ジョバンニ | 2008年10月16日 (木) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008/10/9:

« 食事(BlogPet) | トップページ | FCUW3グッズ »